―いねむり どくしょ―

毎日読んだ本の紹介と感想。気に入った本には★、とても気に入った本には★★をつけています。コメント・トラバはお気軽にどうぞ。
のんびり更新しております。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECOMMEND
レインツリーの国 (新潮文庫)
レインツリーの国 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
読了。すっごく楽しいひとときでした。伸とひとみの会話に悶絶。近いうちに感想書きたいな。
RECOMMEND
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) (JUGEMレビュー »)
カズオ・イシグロ
読了。昨年読んだ中では一番よかった作品。時間を見つけて感想書きます。
RECOMMEND
図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
読了。軽く読めて面白い。感想はちょっと時間かかるかも。
RECOMMEND
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫) (JUGEMレビュー »)
入間 人間
続編とあわせて読了。よくある恋愛小説かと思いきや、とんでもないどんでん返しでした。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PR
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
★ヴィクトリア朝の暮らし ビートン夫人に学ぶ英国流ライフスタイル (Cha Tea紅茶教室)
---
---
()
コメント:当時の絵などの資料も豊富で、おすすめです。

JUGEMテーマ:読書

 

ヴィクトリア朝の頃(19世紀)のイギリスの女性の生活の様子を、豊富な資料で解説した一冊。

 

当時、上流〜中流階級の家庭では、メイドなどの使用人を雇って生活することが一般的でした。

でも特に新婚の女性にとっては、まだ夫人同士の付き合いのマナーや家事の仕方もよくわからないまま、使用人を指示しまとめあげていくことは至難の業でした。

そんな時代背景の中で生まれたのが、『ビートンの家政本』(『ビートン夫人の家政読本』)です。

雑誌に連載されていたコラムをもとに、イザベラ・ビートンによって編集されたこの本は

料理のレシピから掃除のやり方、冠婚葬祭のマナーまで、ヴィクトリア朝の女主人が生活していくのに必要なありとあらゆる情報が掲載され、人気を博しました(その後何度も改定され、現在でも読むことができます。英語ですが)。

 

本書(『ヴィクトリア朝の暮らし』)は、この『ビートンの家政本』の内容を中心に解説しているため、主に中流階級出身の女主人の目線で当時の女性たちの生活を描いています。

結婚式やハネムーンにまつわるあれこれから始まり、新居の選び方、お茶の買い方(ティータイムが1日に何度もあるので)、友人の作り方や親交の深め方とそのマナー、当時流行っていた娯楽、教養の磨き方、クリスマスの楽しみ、そして妊娠・出産と、

新婚の女性の1年間を一緒に体験していくような流れのつくりです。

 

「19世紀」「イギリス」「ヴィクトリア朝」なんて単語だけ並べると、自分とは関係のない遠い世界の話のように思えますが、意外や意外、現代日本に暮らす私たちの生活習慣に大きな影響を与えたものがたくさんあります。

特にヴィクトリア女王! 彼女やその家族が初めて行った物事には、結婚式に白色のウェディングドレスを着ることや、クリスマスにツリーを飾ることなどがありますし、世界で初めて発行された切手に描かれているのもヴィクトリア女王です。

また、結婚式での「サムシングフォー」の習慣や、婚約指輪と結婚指輪を花嫁に贈るという習慣も、ヴィクトリア朝の頃に確立したとされています。

……ね? なんだか当時の社会が少し身近なものに感じられませんか。

 

他にもうひとつ、読んでいて特に興味深かったのが、当時の人気トップ10の紹介です。

『不思議の国のアリス』や『ジギルとハイド』といった、今でも読み継がれている本が何冊も登場します。

本書ではこのランキング以外にも、ディケンズなど多くの小説や戯曲からの引用も登場しますので、当時の社会背景が理解しやすくなっています。

 

 

ヴィクトリア朝やイギリスの歴史、特に文化史に興味のある方にとてもおすすめの一冊です。

当時描かれた絵などの資料もとても豊富で、しかもカラーページも多く、見ているだけでも飽きません。

巻末に年表がついているのも嬉しいですね。

『ビートンの家政本』は、英語で出されていて(私の知る限りでは)日本語訳は出ていませんし、原書も辞書みたいに分厚いので、日本語で簡単に内容を知ることができるという点も画期的です。

 

ただ、そもそもヴィクトリア朝とは? といった基本的な歴史解説はありませんし、

本当に『ビートンの家政本』の内容解説に特化した本なので、ネットや他の本で基本情報を軽く知った上で読んだ方がいいようにも思えます。「はじめの一冊」には向かない本です。

それと、本書は女主人の目線で書かれていますので、使用人が実際どんな暮らしをしていて主人たちのことをどう思っていたのか、ということなどは書かれてはいません。

ヴィクトリア朝のことを知りたいなら、使用人の立場からの解説本とセットで読むのがベストかもしれません。

スポンサーサイト
- | 13:37 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://squab.jugem.jp/trackback/325
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.