―いねむり どくしょ―

毎日読んだ本の紹介と感想。気に入った本には★、とても気に入った本には★★をつけています。コメント・トラバはお気軽にどうぞ。
のんびり更新しております。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECOMMEND
レインツリーの国 (新潮文庫)
レインツリーの国 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
読了。すっごく楽しいひとときでした。伸とひとみの会話に悶絶。近いうちに感想書きたいな。
RECOMMEND
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) (JUGEMレビュー »)
カズオ・イシグロ
読了。昨年読んだ中では一番よかった作品。時間を見つけて感想書きます。
RECOMMEND
図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
読了。軽く読めて面白い。感想はちょっと時間かかるかも。
RECOMMEND
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫) (JUGEMレビュー »)
入間 人間
続編とあわせて読了。よくある恋愛小説かと思いきや、とんでもないどんでん返しでした。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PR
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
Life in the Desert 砂漠に棲む (美奈子アルケトビ)

JUGEMテーマ:読書

 

前作『砂漠のわが家』から1年半。

UAEの砂漠でたくさんの動物に囲まれて暮らす作者のフォトエッセイ、第2弾です。

前作よりも大きな写真集で、写真の量もエッセイの量も増えていて読みごたえたっぷりです。

 

今作は3つのパートに分けられています。

砂漠と動物の写真、UAEでの生活ぶりについての写真、そしてエッセイが中心のパートです。

 

中でも動物たちの写真に多くのページが割かれています。

砂漠から昇る朝日、砂に残された生き物の足あと、ガゼルや猫たちの満足げな顔。

特に動物たちの表情(眠そうだったり、仲間と喧嘩していたり)は前作以上に豊かで、自分も砂漠で彼らと暮らしているような気にすらなりました。

特に馬のサラーミーが欠伸をしている瞬間の写真は必見です。

 

今作ではUAEでの暮らしについても少し触れられていて、

いかにもアラビアンという感じの異国情緒あふれる家具や食事のメニューなどの写真もたくさん収録されています。

異文化生活に興味のある方ならきっと楽しめると思います。

 

また、作者がUAEの砂漠で暮らすようになるまでの半生も綴られています。

前作を読んだだけではわからなかった(そしてそのことに少し物足りなく感じた)作者について、人生観や性格までもうかがい知ることができました。

前向きで達観していて、でもどこまでも温かい作者のはなももさん。

写真集の動物たちが安心した表情を見せているのは、作者の愛情がたっぷり注がれているからですね。

 

第2弾ではありますが、今作だけでも充分楽しめます。

動物好きな方やアラブの生活に興味のある方に、おすすめです。

スポンサーサイト
- | 13:49 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://squab.jugem.jp/trackback/324
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.