―いねむり どくしょ―

毎日読んだ本の紹介と感想。気に入った本には★、とても気に入った本には★★をつけています。コメント・トラバはお気軽にどうぞ。
のんびり更新しております。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECOMMEND
レインツリーの国 (新潮文庫)
レインツリーの国 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
読了。すっごく楽しいひとときでした。伸とひとみの会話に悶絶。近いうちに感想書きたいな。
RECOMMEND
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) (JUGEMレビュー »)
カズオ・イシグロ
読了。昨年読んだ中では一番よかった作品。時間を見つけて感想書きます。
RECOMMEND
図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
読了。軽く読めて面白い。感想はちょっと時間かかるかも。
RECOMMEND
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫) (JUGEMレビュー »)
入間 人間
続編とあわせて読了。よくある恋愛小説かと思いきや、とんでもないどんでん返しでした。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PR
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
★切手女子のかわいい収集BOOK (ばばちえ)
JUGEMテーマ:JUGEM
趣味は切手蒐集、なんていうと、ちょっと古臭いおじさんみたいでしょうか。
切手集めに興味があるけれど、入門書はどれも古かったり文章が固かったり小難しかったりで、どうも読みにくい。
そんな方にぴったりのやさしくて柔らかめな入門書です。

薄くて1時間ぐらいですぐ読めてしまうのですが、なかなかどうして内容はきちんとしています。
どこかのライターが適当に書いたわけではなく、著者はれっきとした切手マニアの女性です。

以下、簡単に内容を。

・切手を買える店(実店舗・ネット):
有名どころの店が写真つきで紹介されていて、お店の特徴(外国/日本など)や店主の紹介もあり、はじめて訪れる前の情報収集にぴったり。海外ネットショップの紹介もあり、買い方や何日ぐらいで切手が届くかの説明は心強いです。スタンプショウ・JAPEXも豊富な写真つきで紹介されています。

・切手の扱い方・保管方法:
切手のはがし方、ピンセットやルーペといった基本的なグッズの説明、ストックブックなどの代表的保管方法、専門用語の解説、切手カタログの紹介。
なかでも競争展については、作者が実際に出品するまでの過程を写真つきで詳しくレポートしており、興味深く読みました。

・切手の遊び方:
FDC、MC、風景印といった楽しみ方についての紹介。京都風景印散歩のコーナーでは京都のいくつかの郵便局とそれぞれの風景印(消印)がカラーで紹介されていて、こんな旅行の楽しみ方もあるのかと楽しい気分になりました。
その他、パリやタイの切手屋さん・切手展めぐりの様子もカラーで結構なページを割いての紹介があり、海外なので敷居は高めですがレポートを読むだけでも楽しめます。

・かわいい切手の紹介:
なんといってもこの本の魅力はこのページにあるのではないでしょうか。カラーで多くのページを割いてテーマごとに切手の紹介がされており、眺めているだけで時を忘れてしまいそうです。あくまで「かわいい」がテーマのためか、珍しい切手を集めたというより見ていて楽しい切手の紹介という感じ。説明文はほとんどなく、純粋に見て楽しむことに主眼を置いたページ構成です。
ハートの切手やバカンスの切手など、自分では思いつかなかったテーマの紹介にはっとさせられました。


海外レポートや店の紹介など、著者が実感をこめて自分の言葉で書いていることがよく伝わる文章です。
1冊1,000円とお手軽だし、切手に興味があるなら読んで損はないと思います。
かわいさあふれるつくりですが、内容は基本的なことですので、男性の方もぜひ。
スポンサーサイト
- | 01:34 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://squab.jugem.jp/trackback/320
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.