―いねむり どくしょ―

毎日読んだ本の紹介と感想。気に入った本には★、とても気に入った本には★★をつけています。しばらく絵本のレビューが多めかも。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
PROFILE
RECOMMEND
レインツリーの国 (新潮文庫)
レインツリーの国 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
読了。すっごく楽しいひとときでした。伸とひとみの会話に悶絶。近いうちに感想書きたいな。
RECOMMEND
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) (JUGEMレビュー »)
カズオ・イシグロ
読了。昨年読んだ中では一番よかった作品。時間を見つけて感想書きます。
RECOMMEND
図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
読了。軽く読めて面白い。感想はちょっと時間かかるかも。
RECOMMEND
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫) (JUGEMレビュー »)
入間 人間
続編とあわせて読了。よくある恋愛小説かと思いきや、とんでもないどんでん返しでした。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PR
 
★真昼なのに昏い部屋 (江國香織)
JUGEMテーマ:読書
 第5回中央公論文芸賞受賞作。不倫を扱った小説です。

美弥子さんは、都内の高級住宅街にある大きな家に暮らす、専業主婦。
「自分がきちんとしていると思えることが好き」で、毎日の日課――掃除や、夫の浩さんが脱ぎ散らかした衣服の片付けや、鉢植えに水をやること――に安心感と喜びを見出す女性です。
彼女は来客がある時でもお喋りしながら編み物や刺繍に精を出します。「何か」していることが好きなのです。

そんな美弥子さんは、近くに住むアメリカ人のジョーンズさんと出会い、ある日一緒にフィールドワーク(散歩)に出かけます。
その日から、ふたりはお互いを意識し合うようになり、やがて「きちんとした」美弥子さんの世界は少しずつ変わりはじめます。



最後の1ページに全てが込められていました。

本書はですます調だし、「美弥子さん」「ジョーンズさん」のように登場人物をさん付けで描いているし、物語の進行もはじめはごくゆっくりとしているので、
童話の世界のような、きらきらとしてどこか現実感のない時間が流れるのですが、
合間に挟まれる夫の浩さんとの会話や、美弥子さんの心理描写で、少しずつ現実に引き戻され、しまいに一気に激流に突き落とされました。
にくい演出です。

以下、好きな部分をいくつか列挙します。
私、世界の外へでちゃったんだわ。 (p.169)
「その、つまり僕は、ずっと以前から世界の外にでていますから」 (p.175)
「僕たちは似たもの同士ですね」
と、ジョーンズさんは言いました。
「事実に安心できる人間もいれば、事実に打ちのめされてしまう人間もいますから」 (p.184)
あっというまに転落してしまった。美弥子さんは思いました。
転落?
(中略)私は転落したのかしら。でも、どこから? (p.213)
どの文章もとても平易で、ふわふわとしているのに、本質を真正面からきちんと捉えています。
こんな文章が、きらきらした不倫世界の合間に挟まれているのです。その度にどきりとするわけです。
最近の江國香織さんの作品の中では、かなり好きかもしれません。


美弥子さんと浩さんの全くかみ合わないやり取りも、本書の魅力のひとつです。
ふたりが結婚に至ったまでの説明や、浩さんの心理描写はごく少ないのですが、
短い中に全てが込められていて、滑稽なまでに悲しい描写です。
浩さんと結婚して、美弥子さんは幸せだったのでしょうか。ジョーンズさんと出会うまで、彼女はすれ違うことが当たり前なのだと思っていました。
ですが世界の外に出てしまった今、美弥子さんは浩さんとの関係性にはじめて向き合うこととなります。
気づかない幸せと、気づく幸せ。果たしてどちらが幸せなのでしょうか。


籠の小鳥が可愛らしいのは籠の中にいるからです。
外に飛び出してしまった小鳥は、たちまちただの野鳥になってしまうのです。
読み終えてふと、そんなことを、思いました。
スポンサーサイト
- | 00:27 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.