―いねむり どくしょ―

毎日読んだ本の紹介と感想。気に入った本には★、とても気に入った本には★★をつけています。コメント・トラバはお気軽にどうぞ。
のんびり更新しております。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECOMMEND
レインツリーの国 (新潮文庫)
レインツリーの国 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
読了。すっごく楽しいひとときでした。伸とひとみの会話に悶絶。近いうちに感想書きたいな。
RECOMMEND
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) (JUGEMレビュー »)
カズオ・イシグロ
読了。昨年読んだ中では一番よかった作品。時間を見つけて感想書きます。
RECOMMEND
図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
読了。軽く読めて面白い。感想はちょっと時間かかるかも。
RECOMMEND
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫) (JUGEMレビュー »)
入間 人間
続編とあわせて読了。よくある恋愛小説かと思いきや、とんでもないどんでん返しでした。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PR
 
★★永遠の0 (百田尚樹)
JUGEMテーマ:読書
太平洋戦争を戦った、腕前は天才的だが臆病者と噂された零戦パイロット・宮部久蔵。
終戦から60年後、主人公はふとしたきっかけから祖父・久蔵のことを調べはじめる。
かつての戦友や教え子たちの口から語られる久蔵の生き様は、あまりにも衝撃的なものだった――。


涙なしでは読みすすめられない、けれどすっきりとした読後感の、いい小説でした。
現代を生きる姉弟が祖父のことを調べるというスタイルをとっているので、戦争や零戦についての知識がなくても問題なく読めます。
ただその分、宮部久蔵と戦争については詳細に語られるのだけれど、主人公の姉弟の感情描写は薄く、物足りない出来です。
著者デビュー作ということもあってか、文章そのものもうまいとは言えないし、内容もご都合主義的な出来すぎの物語です。正直、最後の展開はちょっとさめました。
・・・と、酷評しましたが、それでも星を2つつけた(最高評価)のは、宮部久蔵の生きかたがあまりに清冽で、愛に一途だったから。
そして著者が彼の姿をきちんと描ききったことが素晴らしいと感じたからです。

この本はあくまで小説で、しかも戦争から遠い現代に書かれたものなので、
あの戦争を実際に生きた兵士たちがどんな心境だったのか、私には本当にはわかりません。
けれど、熱狂的な国粋主義のなれの果てとして戦時の日本が、特攻隊が語られることが多い中、
飛行機乗りたちの、国や守るべき大切な人を思う気持ちや生への渇望を、生身の人間の姿として丁寧に描写していることに好感を覚えました。
兵士たちはあくまで人間で、飛行機乗りとしての誇りを持ちつつも、いつ死ぬともわからない環境の中で恐怖していて――。
文中で、著者は彼らを駒として使い捨てる軍上層部やマスコミをかなり強烈に批判しています。
そうして戦争を生き抜き、あるいは死んでいった兵士たちに寄り添う姿勢は徹底したものです。


戦時にあって、生き抜くことを、妻子への想いを、何よりも大切にした男。
彼の生き様はまさにサムライと言えるでしょう。
彼や彼の周囲の人たちが歩んだ激動の人生はあくまでフィクションですが、
現実もきっと同じかそれ以上に苛烈だったのだろうと、推測します。
万人におススメしたい一冊です。
スポンサーサイト
- | 04:08 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://squab.jugem.jp/trackback/274
航空会社への就職についての情報です。
就職 航空会社 | 2010/12/20 11:09 PM
主演映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」
沖縄ニュース | 2010/12/23 7:14 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.