―いねむり どくしょ―

毎日読んだ本の紹介と感想。気に入った本には★、とても気に入った本には★★をつけています。しばらく絵本のレビューが多めかも。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
RECOMMEND
レインツリーの国 (新潮文庫)
レインツリーの国 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
読了。すっごく楽しいひとときでした。伸とひとみの会話に悶絶。近いうちに感想書きたいな。
RECOMMEND
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) (JUGEMレビュー »)
カズオ・イシグロ
読了。昨年読んだ中では一番よかった作品。時間を見つけて感想書きます。
RECOMMEND
図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
読了。軽く読めて面白い。感想はちょっと時間かかるかも。
RECOMMEND
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫) (JUGEMレビュー »)
入間 人間
続編とあわせて読了。よくある恋愛小説かと思いきや、とんでもないどんでん返しでした。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PR
 
Flatlay Sheet (JTBパブリッシング)

JUGEMテーマ:読書

 

インスタグラムなどのSNS用に料理や小物の写真を撮る時、何を背景にしたらよいのか迷うことはありませんか?

本書はそんな時のためのお助けシート集。全部で32枚のシートが入って500円とお手軽です。

シートにはミシン目が入っており、本から切り離して使えます。サイズは雑誌と同じ大きさなので、コスメやお弁当、料理の皿など、色々なものの撮影に便利です。

 

使い方は簡単。

  1. 撮影したいものに合ったシートを見つける
  2. シートの上に撮影するもの(料理や小物など)を乗せる
  3. 写真を撮る。

たったこれだけです。

 

他にも、壁に貼ったり一部分だけ使ったり、色々と使い方をアレンジできそうです。

 

シートは無地のカラーシートからポップな柄のものまで、色々なものが収録されていますので、きっとお気に入りの柄が見つかるのでは。

欲を言えば、和柄や英字新聞のような柄、エキゾチックな柄(アラビアっぽいものとか)なども収録されていたらもっと撮影の幅も広がるのに……と思いました。

もし2冊目が発売されることがあれば、その時に期待したいです。

 

シートの選び方や撮影のポイント、おすすめアプリも紹介されていて、かゆいところに手が届く一冊。

写真撮影・SNSアップを多くされる方なら、持っていて損はないと思います。

2冊目、3冊目が出ることを期待しています。(もっとたくさん、色々な柄の中から選びたい!)

まこという名の不思議顔の猫 まこまこドリームBOX (前田敬子、岡優太郎)
JUGEMテーマ:読書
流行りの付録本。純粋な本ではないのですが、本も含まれるということでご紹介。
絵本にブックカバー、ペンケース、付箋、ボールペンのついたセットです。

題名どおりの不思議な顔をした猫、まこちゃん。
ネットで人気の猫で、関連本も数冊も出ています(元になったブログはこちら→ まこという名の不思議顔の猫 )。
今回の付録本は、そんなまこちゃんの最新本!
……なのですが、発売と時期を同じくして悲しい出来事が……。詳細は上記ブログをご参照ください。

絵本は5分ぐらいで読めるごく短いもので、文庫本サイズの薄さながら、しっかりした表紙に全ページフルカラーです。
タイトルは『まこの1日』。
表紙カバーを取った本体のところも可愛らしいつくりになっていて、ほんわかした気分になりました。
ブログとはまた違ったテイストです。同じ内容ではないので楽しめるのでは。

文庫本サイズのブックカバーはしっかりした作りで手になじみやすく、使いやすいです。
まこちゃんの写真入りですが、本をテーマにした割合落ち着いた感じの色合いのため、電車の中などで人に見られても恥ずかしくなることはなさそうです。

ペンケース、ボールペンも同じく写真入りですが、ファンシーグッズのような感じなので(まこちゃんの写真がいっぱい)、ビジネスの場面では向かないかも。学校や個人的な場面にどうぞ。
ペンケースのMAKOタグがとっても可愛くて好きです。クッションみたいに厚みがあって、しっかりしているところもポイント。難点は全体の色が白っぽいので、汚れが目立ちやすいところでしょうか。
付箋はごく小さな一言サイズ。猫好きの人にメモを残す時に使うのにぴったり!(もしくは自分用?)

これだけ入って税込で2000円(うろ覚え)は安いと感じました。
まこちゃんファンの方や猫好きの方には特にオススメ。
付録本は店頭から姿を消すのが割と早い気がします。見かけたらぜひお早めにどうぞ。
★切手女子のかわいい収集BOOK (ばばちえ)
JUGEMテーマ:JUGEM
趣味は切手蒐集、なんていうと、ちょっと古臭いおじさんみたいでしょうか。
切手集めに興味があるけれど、入門書はどれも古かったり文章が固かったり小難しかったりで、どうも読みにくい。
そんな方にぴったりのやさしくて柔らかめな入門書です。

薄くて1時間ぐらいですぐ読めてしまうのですが、なかなかどうして内容はきちんとしています。
どこかのライターが適当に書いたわけではなく、著者はれっきとした切手マニアの女性です。

以下、簡単に内容を。

・切手を買える店(実店舗・ネット):
有名どころの店が写真つきで紹介されていて、お店の特徴(外国/日本など)や店主の紹介もあり、はじめて訪れる前の情報収集にぴったり。海外ネットショップの紹介もあり、買い方や何日ぐらいで切手が届くかの説明は心強いです。スタンプショウ・JAPEXも豊富な写真つきで紹介されています。

・切手の扱い方・保管方法:
切手のはがし方、ピンセットやルーペといった基本的なグッズの説明、ストックブックなどの代表的保管方法、専門用語の解説、切手カタログの紹介。
なかでも競争展については、作者が実際に出品するまでの過程を写真つきで詳しくレポートしており、興味深く読みました。

・切手の遊び方:
FDC、MC、風景印といった楽しみ方についての紹介。京都風景印散歩のコーナーでは京都のいくつかの郵便局とそれぞれの風景印(消印)がカラーで紹介されていて、こんな旅行の楽しみ方もあるのかと楽しい気分になりました。
その他、パリやタイの切手屋さん・切手展めぐりの様子もカラーで結構なページを割いての紹介があり、海外なので敷居は高めですがレポートを読むだけでも楽しめます。

・かわいい切手の紹介:
なんといってもこの本の魅力はこのページにあるのではないでしょうか。カラーで多くのページを割いてテーマごとに切手の紹介がされており、眺めているだけで時を忘れてしまいそうです。あくまで「かわいい」がテーマのためか、珍しい切手を集めたというより見ていて楽しい切手の紹介という感じ。説明文はほとんどなく、純粋に見て楽しむことに主眼を置いたページ構成です。
ハートの切手やバカンスの切手など、自分では思いつかなかったテーマの紹介にはっとさせられました。


海外レポートや店の紹介など、著者が実感をこめて自分の言葉で書いていることがよく伝わる文章です。
1冊1,000円とお手軽だし、切手に興味があるなら読んで損はないと思います。
かわいさあふれるつくりですが、内容は基本的なことですので、男性の方もぜひ。
グリーンスムージーをはじめよう (仲里園子、山口蝶子)
JUGEMテーマ:読書
 野菜と果物、水をミキサーにかけるだけ。
砂糖などの添加物なし、そのままの野菜を丸ごと味わうのが「グリーンスムージー」です。
本書はグリーンスムージーのレシピ本。
野菜や果物の組み合わせ方のコツや、毎日続けて行くための飲み方などについてのコラムも載っています。


初夏の頃からグリーンスムージーを飲みはじめました。
どんな野菜を使えばいいのか(根菜以外ほぼ何でもOK)、そもそもミキサーとかジューサーとかブレンダ―とかフードプロセッサーとか色々あるけどどれを使えばいいのか(ミキサーです)、
最初は何もわからなかったので、この本を一読してからミキサーを買い、材料を買って、作るようになりました。

グリーンスムージーのレシピ本はたくさん出ているけれど、その中でこの本に決めたポイントを箇条書きにすると、
・作り方(ミキサーに入れる順番)が写真入りで説明されている
・野菜1種類につき複数のレシピが載っている
・野菜や果物の名前でレシピを調べられる
・フルカラーのページが多く写真がたくさん載っている
・本のサイズが大きすぎない(台所に持ち込むので)
…こんなところでしょうか。

慣れてしまえば、本を見なくても自分なりの美味しい野菜や果物の組み合わせを見つけられますが、
何もわからなかった最初の段階では本当に重宝した本です。

あくまで私の場合です。レシピ本の好みは人それぞれですので、
できれば書店で実際にパラパラめくってみて、自分に合うものを見つけるのが一番だと思います。


私のグリーンスムージー生活は秋がはじまる今も続いていて、
ダイエット効果とか美肌効果とかはよくわかりませんが、野菜や果物をたくさん摂取するようになったことで体調はたしかによくなったように思います。
これからも続けるぞ!
星のみなとのオペレーター (小川一水)
大嶋啓之,多田葵,あにー(TaNaBaTa)
Voltage of Imagination
(2012-05-18)

JUGEMテーマ:読書
 ハイブリッド・シネマティック・イメージアルバム「星海のアーキペラゴ」。
一つの世界観を小説と楽曲と映像とが紡ぎだす、組曲みたいな物語。
要はCDに1曲分のムービーと短編小説がついた作品です。
公式サイトはこちら→http://www.voltagenation.com/arc/

「星のみなとのオペレーター」はその中の小説です。フルカラーのカバー付、88ページ。

今より少し先の未来、太陽系の片隅にある小惑星イダの宇宙港管制室で、オペレーターの筒見すみれは楽しくも少し物足りない日々をすごしていた。
そんなある日、すみれは港で見慣れない物体を拾う。三角コーンのような形に目がついたその生物はすみれに懐き、すぐにペットのような存在になるが――。


作品の形態と長さから軽い小説かと思って読み始めましたが、なかなかどうして、人類の存亡をかけたスペースファンタジーでした。
長編小説にもなり得るだけの内容でありながら、過不足なくコンパクトに濃密にまとめられていて、うまいと思いました。
人類の未来がかかった歴史的事件が題材なのに、主人公のすみれはのんびりした性格なので、
物語はあくまで暖かく前向きに進みます。仕事や勉強の合間の息抜きとして、ぴったりです。

歌詞と曲と小説とがぴったり合っていていい雰囲気なので、CDを聞きながら小説の世界に浸ることをおすすめします。
読了した後歌詞を見返すとはじめて意味が分かる部分もあって、ニヤリとできました。

全く別の内容にはなりますが、空想活劇リアライズシリーズ、次回作も楽しみにしています。
働く女性の24時間―女と仕事のステキな関係 (野村浩子)
JUGEMテーマ:読書


「日経MJ」連載コラムをベースに、大幅加筆されたもの。対象は全ての働く女性。
世代ごとの分析などから考えると、特に現在20代後半以上の女性たち向けだと思われます(2005年に連載が終了しているので、その頃までに既に働き始めていた世代向けだと思います)。


連載が終了してから数年経ちますが、内容は全然古くないです。
仕事内容、人間関係、結婚、出産。
働く女性をとりまく問題は何年も(それどころかたぶん何十年も)ずっと変わりがないということなのでしょう。
各世代ごとの考え方の違いを分析した部分などは、私よりも少し上の世代を対象にしているためか、2008年現在とは多少異なる部分もありますが、それ以外では特に時間の経過を感じさせる文章は目につきませんでした。


働きはじめて少し経ち、人生プランのお手本を探していた時にこの本に出会いました。
私の職場では同世代の女性がいないので、結婚や出産や仕事についておしゃべりできる相手もほとんどいないのですが、
窒息しそうな気持ちの時にこの本を読むことで、ああ自分はひとりではないのだ、皆同じようなことで悩んでいるのだと気付き、気持ちがふっと楽になりました。
これからもきっと折に触れて読み返すことになると思います。

欲を言えば、せっかく筆者が女性なのだから、筆者自身がどう生きどう選択してきたか、
そのあたりも書いてあれば、一般論的まとめにならずにもっと面白くなったのになぁと思います。


いつか日本が2択、3択で迷わなくていい社会になりますように。
働くこと、結婚すること、子どもを産み育てること。
女性も男性も、誰もがやりたいようにやれる社会をつくるにはどうしたらいいんだろう。
私にも何かできることはあるのかな?





∽―――――∽
◆働く女性の24時間  女と仕事のステキな関係
◆野村 浩子
◆日経ビジネス人文庫 2005年
やさしくわかる仏像入門
JUGEMテーマ:読書


著名な仏師と仏画師が、仏像の種類や歴史、見分け方などについて解説した本。
オールカラーで仏像の写真も結構多いです。


元は大学のテスト対策用に購入したのですが、書物として興味深い内容でした。
類似書籍は数多く出ていますので、仏像について知りたい方はぜひ、書店で実際に手にとって見比べてから買うことをおススメします。

本書の特徴は、
・著者が仏師・仏画師であるため、仏像や仏画の作り方についての写真入ミニ解説やイラスト入り解説がある。
・著者の制作した仏像・仏画が多数収録されている(その分、歴史ある有名な仏像などの写真は少ない)。
・フルカラーで写真の数が多い。
・仏像の頭髪や手の組み方など、イラスト入りの解説でわかりやすい。
・値段が手ごろ(1470円)。
こんな感じです。


仏像についての知識があまり無かったので、新鮮な内容が多く、あっという間に読み終えてしまいました。この本を入り口に、もっと仏像のこと、仏教のことを知りたくなりました。
今度お寺に行く時にはこの本を持っていって、しげしげとヘアスタイルや手の組み方、衣のひだの様子などを観察したいです。
ただ、本のサイズがちょっと大きめなのが玉に瑕。
この本を買う時、10冊近く色々読み比べたのですが、持ち運びに便利な小さいサイズってあまりないんですよね。本書も決してハンドバッグに入るようなサイズではないです。
仏像の見分け方をテーマにした小さくて薄い本、出版されませんかねぇ。きっと需要はあると思うのですが・・・。



それから超個人的な感想を。
著者のつくった仏像の写真を見て、配色や仏像の目元など、どこかで見たことのある感じだなぁと思いました。
で、ネットで調べてみたら、昔集めていた食玩の仏像シリーズの監修者でした。
世界って狭いですね・・・^^:





∽―――――∽
◆やさしくわかる仏像入門
◆向吉 悠睦・中村 佳睦
◆ナツメ社  2007年
闘莉王―赤き魂のサムライ (矢内由美子)
JUGEMテーマ:読書


今回はいつもとは毛色の違った本を。

闘莉王といえば浦和レッズが誇るかけがえのない戦士。
この本はそんな彼の生い立ちや試合にかける想いがつまった一冊です。
本人が書いたわけではないのですが、割合よく取材されていて、また昔の写真なども収録されています(でもやはり最近のものが中心ですが)。



実は闘莉王とは昔、少しだけ縁がありました。といっても、私は学校の後輩にあたるので、彼の在学中はもちろん、卒業後も学校に遊びに来るのを、憧れをもって見ていたという、ただそれだけです。
そういう理由でずっとファンをやっていたので、ああついに本が出るまでになったのだなぁと嬉しく思いました。
卒業アルバムの写真やサッカー部の名物顧問との写真なども載っていて、クスッと笑ってしまいました。

書かれている内容は今までに報道されてきたものと重なる部分が多く、そう目新しいものではありません。
ですが、断片的な情報の積み重ねではなく一冊の本としてまとめられたというのは、大きな出来事だと思います。
ファンとしてはもちろん、彼のプレーを生で見て応援するのが一番ですが、たまにはこういった本を読むのもいいなぁと思いました。

難点を挙げるとすれば、この本では彼はどこまでもヒーローとして描かれているので、弱い部分や欠点などにはあまり触れられていない、というところでしょうか。もう少し人間くさい、生身の彼についてのエピソードが多ければいいのに、と思います。





∽―――――∽
◆闘莉王―赤き魂のサムライ
◆矢内 由美子
◆徳間書店  2007年
「朝2分」ダイエット (大庭史榔)
このテの本って、失礼ながらどうも信じられなくて自分では買わないのですが、ダイエットしなくちゃと騒いでいたところ周囲の方に頂いたので、まずは読んでみました。


まず最初にダイエット法の理由の解説、次に体験談、そしてチェックテストがあり、最後にダイエット法の具体的なやり方、という構成です。
1時間もしないでさらっと読めます。字も大きめだし、ポイントは太字で強調されているしで読みやすいです。

肝心のダイエット方法ですが、深呼吸と体操を組み合わせたもので、本当に簡単そうだと思いました。
で、今朝起きてすぐ、実際にやってみたのですが、3分ぐらいで終わりました。二度寝をしないことにさえ気をつければ続けられそうです。だって基本が深呼吸なんだもの、楽!
「胸郭を開けば骨盤が閉まる。骨盤が閉まれば全身が締まる。だから深呼吸で胸郭を開けば全身が引き締まってダイエットできる」という3段論法も理にかなっていて、なるほどと思えました。



……とここまで書いて、何だか自分がサクラか回し者のような気分で微妙です。
それにしてもどうしてこのテの本ってみんな同じ構成なんでしょう。本だけでなく、テレビの通販やインターネットの広告などなど。
だから余計にうさんくさく感じるんだよなぁ、とか、本当に信じて買う人ってどのくらいいるのかなぁ、などと考えてしまいます。本当に効果があるのならもっと書き方(魅せ方)を工夫すればいいのに(と書きつつ、上の自分で書いた文章も小学生の作文のようで恥ずかしいです)。
このダイエット法に関しては、理屈には納得したのでとりあえず試してみますが、うまくいくか挫折するか本当に効くのか、未来の自分がちょっと楽しみです。





∽―――――∽
◆「朝2分」ダイエット
◆大庭 史榔
◆三笠書房  2007年
これもすべて同じ一日 (銀色夏生)
高校の頃にすきだった、愛読書を再読。
これは詩集といっていいのかな?
あちらこちらのきれいな写真に、短い言葉たちが添えられています。


こういうものに感想を書くのはとても難しい。
それを承知でちょっとだけ、どうして高校の頃この作者の作品がすきだったのか考えてみました。

いちばんはやはり、自分の中にはない言葉をみつけられるからかも知れません。
思いがけない言葉が、思いがけない写真とともにあって、それがただ驚きだけでなく、新鮮な感動をもたらすということ。新しい言葉の組み合わせがとても心地よく感じられるということ。
だから、この作者が、この作品がすきだったのかな。
内容というよりも、言葉遊び的な部分に惹かれていたのだと思います。


久しぶりに読み返してみて、今でも新鮮な感動を味わうことが出来て、あぁいいな、と思いました。
この本が出たのは昭和61年のことで、もう20年も前なのだけれど、どの写真のどの風景も、どんな言葉たちも色あせていない。
情報が氾濫する世界で絶えず新鮮であるということはとても難しくて、とても素晴らしいことだと思います。





∽―――――∽
◆これもすべて同じ一日
◆銀色夏生
◆角川文庫  1986年

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.